5歳以下は豆を食べるな?

投稿者: | 2月 1, 2021

例年、2月3日に行っている節分は、

暦の関係で今年は2月2日。

「鬼は外、福は内」と掛け声をかけて豆まきをし、

そのあと年の数だけ豆を食べるという

昔ながらの風習を楽しむご家庭も多いことでしょう。

ところが消費者庁が

「5歳以下の子どもには豆を食べさせないで」

と呼びかけているとか。

『消費者庁が全国の医療機関から寄せられた情報をまとめたところ、

14歳以下の子どもの食品による「窒息」や誤って気管などに入ってしまう

「誤えん」の事故は、この10年間に164件に上っており、

このうちの86%にあたる141件が、5歳以下』だという。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210128/k10012837241000.html



確かに子供が様々なものをのどに詰まらせる事故が

発生しているのは事実だろう。

しかしながら、5歳以下の子供の場合、10年で141件、

1年にするとわずか14件である。

さらに、豆・ナッツ類に限定すると、10年で31件、

1年にするとわずか3件である。

節分の豆に限定すると、いったいどの程度の事故が

起こっているというのだろう?

子供時代には、病気や事故など

様々な危険に見舞われる。

しかしながら、そうした危険を乗り越えて

子どもは大人になっていくのである。

毎年、数件しか起こらない事故に、

消費者庁が「5歳以下には豆を食べさせるな」

とまで介入するのは明らかに行き過ぎで、

注意喚起で充分ではないだろうか?



※人気ブログランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします。

食生活・食育ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください