弁当チェーンの原産地表示を調べてみた

投稿者: | 9月 27, 2019

わが国の食料自給率は生産額ベースで66%、カロリーベースで37%(平成30年度)となっています。つまり、私たちが食べる食品の多くを外国からの輸入食材に頼っているわけです。ところが、スーパーなどの生鮮食品には外国産の表示が少なく、その多くが加工食品や外食産業で使われていると考えられます。つまり、私たちが食品を選ぶ際に、加工食品や外食メニューの材料における原産地表示が重要となってくるわけです。そこで、加工食品や外食産業のウエブサイトにおける原産地表示をジャンル別に調べ、表示の有り無し、その詳細さ、見やすさ、国産食材比率などをポイントに分析し、個人的に評価をしてみました。

評価は

☆:何らかの原産地表示があるもの

☆☆:原産地表示が一覧でまとめられているもの

☆☆☆:原産地表示が一覧でまとめられており、より詳細で見やすいもの

☆☆☆☆:☆☆☆に加えて国産食材を中心にしているもの

☆☆☆☆☆:ほぼすべてが国産食材であるもの

としています。

■総評

僕はここ10年以上、いわゆる弁当チェーンやコンビニの弁当を食べていない。最後に食べたのがオリジン弁当で、その時食べた焼肉弁当の焼き肉が、とてもひどかったからだ。その頃から弁当に使われている食材の原産地が気になっていたし、コンビニ弁当ではさらに保存料の問題もある。ここでは、大手弁当チェーンのウエブサイト上での原産地表示についてのみ比較、評価をしてみたい。

■ほっともっと ☆☆☆

結局のところ、原産地表示を確認できたのは業界No.1の「ほっともっと」だけであった。表示の仕方もメニューごとに主要な食材の原産地が表示されている。ここでは、その一部について転載する。

〈プラスベジから揚弁当(4コ入り)〉

●鶏肉:ブラジル、タイ

●米:日本

〈プラスべジしょうが焼き弁当〉

●豚肉:ヨーロッパ、チリ、メキシコ

●米:日本

〈プラスべジデミグラスハンバーグステーキ弁当〉

●牛肉:アメリカ、カナダ、オーストラリア、他

●豚肉:ヨーロッパ、カナダ、アメリカ、メキシコ、チリ、他

●鶏肉:ブラジル、タイ

●米:日本

〈プラスべジおろしチキン竜田弁当(香味醤油)〉

●鶏肉:中国

●米:日本

〈プラスベジカルビ焼肉弁当〉

●牛肉:アメリカ、カナダ、メキシコ、オーストラリア

●米:日本

〈プラスべジロースとんかつ弁当〉

●豚肉:アメリカ

●米:日本

〈プラスベジ しゃけ塩焼き弁当〉

●白身魚(ホキ):ニュージーランド

●しゃけ:チリ

●ちくわ すり身:アメリカ、インド、ベトナム、タイ、パキスタン、日本、マレーシア、中国 他

●米:日本

〈プラスベジ さば塩焼き弁当〉

●白身魚(ホキ):ニュージーランド

●さば:ノルウェー 他

●ちくわ すり身:アメリカ、インド、ベトナム、タイ、パキスタン、日本、マレーシア、中国 他

●米:日本

 (以下省略)

(2019年9月27日現在)

https://www.hottomotto.com/menu_list/info/1

■ほっかほっか亭

ホームページ上に「安心・安全への取り組み」について書かれていたが、原産地表示は確認できなかった。

(2019年9月27日現在)

https://www.hurxley.co.jp/about/safety/

■オリジン弁当

ホームページ上には、それぞれのメニューに「アレルゲン表示・栄養表示」について書かれていたが、原産地表示は確認できなかった。

(2019年9月27日現在)

https://www.toshu.co.jp/origin_bento/area_east/detail7333.html

■本家かまどや

ホームページ上に「アレルギー物質・栄養成分」について書かれていたが、原産地表示は確認できなかった。

(2019年9月27日現在)

https://www.honkekamadoya.co.jp/menu/about_ar.html

※現在地表示の一覧には注記が付されており、詳しくは添付アドレスでご確認ください。

※調査は2019年9月27日現在のものであり、正確な情報は最新のものをご確認ください。

※人気ブログランキングに参加しています。なるほどと思った方は、こちらのバナーを押してやってください。

食生活・食育ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください