レトルトカレーの原産地表示を調べてみた

投稿者: | 9月 17, 2019

わが国の食料自給率は生産額ベースで66%、カロリーベースで37%(平成30年度)となっています。つまり、私たちが食べる食品の多くを外国からの輸入食材に頼っているわけです。ところが、スーパーなどの生鮮食品には外国産の表示が少なく、その多くが加工食品や外食産業で使われていると考えられます。つまり、私たちが食品を選ぶ際に、加工食品や外食メニューの材料における原産地表示が重要となってくるわけです。そこで、加工食品や外食産業のウエブサイトにおける原産地表示をジャンル別に調べ、表示の有り無し、その詳細さ、見やすさ、国産食材比率などをポイントに分析し、個人的に評価をしてみました。

評価は

☆:何らかの原産地表示があるもの

☆☆:原産地表示が一覧表にまとめられているもの

☆☆☆:原産地表示が一覧表にまとめられており、より詳細で見やすいもの

☆☆☆☆:☆☆☆に加えて国産食材を中心にしているもの

☆☆☆☆☆:ほぼすべてが国産食材であるもの

としています。

■総評

数年前、S&Bの「カレー曜日」にはパッケージに原産地が表示されていた。「北海道十勝産じゃがいも」「北海道富良野産玉ねぎ」「北海道十勝産人参」「九州産牛肉」というふうに。だから僕はレトルトカレーと言えば「カレー曜日」と決めていたのだが、しばらくして表示が「国産野菜」のみになり、今は「じゃがいも」だけが「国産」なのだろうか?僕が知る限り、有名メーカーの商品でパッケージに原産地が表示されているものはほとんどない。ウエブサイトにも商品ごとの原産地を表示しているものは少なく、ここではメーカー別の原産地表示について比べてみたい。

日本ハム ☆☆☆

レトルトカレーメーカーで唯一、商品ごとの原産地が表示されていた。

〈レストラン仕様カレー(中辛)〉

●じゃがいも:日本

●玉ねぎ:中国

●にんにく:中国

●牛脂肪:日本

●牛肉:オーストラリア

〈レストラン仕様カレー(辛口)〉

●じゃがいも:日本

●玉ねぎ:中国

●牛脂肪:日本

●牛肉:オーストラリア

〈レストラン仕様カレー(甘口)〉

●牛脂肪:アメリカ、カナダ、日本

●牛肉:オーストラリア

●じゃがいも:日本

●玉ねぎ:中国

●にんにく:中国

〈ローストビーフカレー(中辛)〉

●牛肉:オーストラリア

●牛脂肪:日本

●玉ねぎ:中国

●にんにく:中国

(2019年9月17日現在)

https://www.nipponham.co.jp/customer/place/11_normal_temp.html

S&B ☆☆

商品紹介ページに一部主材料の原産地表示あり。掲載商品以外は原産地表示なし。

〈カレー曜日〉

●じゃがいも:国産

https://www.sbfoods.co.jp/products/detail/13913.html

〈フォンドボーディナーカレー〉

●赤ワイン煮込み牛肉:国内製造

https://www.sbfoods.co.jp/products/detail/16599.html

〈粗挽きビーフカレー〉

●牛肉:オーストラリア

https://www.sbfoods.co.jp/products/detail/16382.html

〈噂の名店欧風ビーフカレーお店の中辛〉

●ハーブ煮込み牛肉:国内製造

https://www.sbfoods.co.jp/products/detail/13221.html

〈噂の名店バターチキンカレーお店の中辛〉

●鶏肉:タイ

https://www.sbfoods.co.jp/products/detail/13222.html

〈噂の名店湘南ドライカレーお店の中辛〉

●ソテードオニオン:国内製造

https://www.sbfoods.co.jp/products/detail/13223.html

〈噂の名店 大阪あまからビーフカレー 鮮烈な辛口〉

●ハーブ煮込み牛肉:国内製造

https://www.sbfoods.co.jp/products/detail/14629.html

〈噂の名店 大阪スパイスキーマカレー お店の中辛〉

●鶏肉:国産

https://www.sbfoods.co.jp/products/detail/15564.html

〈噂の名店 南インド風チキンカレー お店の中辛〉

●鶏肉:タイ

https://www.sbfoods.co.jp/products/detail/16384.html

(2019年9月17日現在)

※「国内製造」は国産原材料を意味しません(筆者注)。

ハウス ☆

商品ごとの原産地表示はなく、お問合せコーナーに牛肉の原産地が表示されていた。咖喱屋カレー・ククレカレー・カレーマルシェなど。咖喱屋カレーはレトルトカレー売上No.1の表示があるが、化学調味料を使い過ぎなのではという印象がある。

●牛肉:オーストラリア産またはニュージーランド産

https://housefoods.jp/inquiry/qa/answer_03_04.html

(2019年9月17日現在)

大塚食品 ☆

Q&Aに牛肉のみ原産地表示あり。ボンカレーゴールド・ボンカレーネオ・Theボンカレー・ボンカレー(沖縄限定)など

●牛肉:オーストラリア産・ニュージーランド産

http://boncurry.jp/qa/

(2019年9月17日現在)

グリコ

グリコのレトルトカレー「LEE」や「カレー職人」の原産地表示は見つけられませんでした。

https://www.glico.com/jp/product/food_curry/

(2019年9月17日現在)

明治

「銀座カリー」の原産地表示は見つけられませんでした。

https://www.meiji.co.jp/foods/curry/ginza/#top

(2019年9月17日現在)

※詳しくは各社・各商品の添付アドレスでご確認ください。

※調査は2019年9月17日現在のものであり、正確な情報は最新のものをご確認ください。

※人気ブログランキングに参加しています。なるほどと思った方は、こちらのバナーを押してやってください。

食生活・食育ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください