歯ぐきの出血が止まらない

投稿者: | 6月 6, 2019

その昔、「リンゴをかじると血が出ませんか?」

というCMがあった。

リンゴをかじって歯ぐきから血が出たら、

それはおそらく歯槽膿漏などの歯周病が

原因だと思われるが、

そうした歯周病の疾患がないのに

血が止まらないという症状があれば、

それは壊血病かもしれない。

僕もストレスで心身ともに疲弊していた

30代の後半に、歯ぐきから出血して

止まらなかったことがある。

唾を吐くと血が混じり、

その血がいつまでも出てきて

気味が悪かった。

その後、歯ぐきの治療をすることなく

血は出なくなったので、

一時的な壊血病だったのかもしれない。

壊血病はビタミンCが体内から

極端に失われることによって、

発症するという。

ビタミンCは体に不可欠な栄養素で、

その摂取量がゼロに近づくと死亡するそうだが、

歯ぐきからの出血は、

ビタミンC欠乏のサインでもあるので、

歯ぐきから血が出た場合は

歯科医の受診とともに、

ビタミンCの摂取量を増やした方がいい。

また、ビタミンCの不足は、

風邪をひきやすくなる、皮膚にハリがなくなる、

傷が治りにくいなど様々な症状を引き起こすので

普段から不足しないように心がけたい。

※人気ブログランキングに参加しています。なるほどと思った方は、こちらのバナーを押してやってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください