立ち食いそばの原産地表示を調べてみた

投稿者: | 9月 19, 2019

わが国の食料自給率は生産額ベースで66%、カロリーベースで37%(平成30年度)となっています。つまり、私たちが食べる食品の多くを外国からの輸入食材に頼っているわけです。ところが、スーパーなどの生鮮食品には外国産の表示が少なく、その多くが加工食品や外食産業で使われていると考えられます。つまり、私たちが食品を選ぶ際に、加工食品や外食メニューの材料における原産地表示が重要となってくるわけです。そこで、加工食品や外食産業のウエブサイトにおける原産地表示をジャンル別に調べ、表示の有り無し、その詳細さ、見やすさ、国産食材比率などをポイントに分析し、個人的に評価をしてみました。

評価は

☆:何らかの原産地表示があるもの

☆☆:原産地表示が一覧でまとめられているもの

☆☆☆:原産地表示が一覧でまとめられており、より詳細で見やすいもの

☆☆☆☆:☆☆☆に加えて国産食材を中心にしているもの

☆☆☆☆☆:ほぼすべてが国産食材であるもの

としています。

■総評

学生時代からサラリーマン生活まで、小腹がすいた時によくお世話になった立ち食いそば。安さ、速さを売り物にしている立ち食いそばの、その原材料に国産を期待するのは難しいとは思うが、どこのそば粉を使用していようが表示だけはしっかりとしてもらいたいと思う。我々がよく利用する大手立ち食いそばチェーンのウエブサイトにおける原産地表示の有無について調べてみた。

和食麺処サガミ ☆☆☆

サガミグループの他のチェーン店と一緒に、非常に詳しく原産地が表示されている。メニューの品目ごとの原材料の主要原産地、最終加工地が表示されているが、ここでは原材料の主要原産地の一部のみを記載した。詳細は下記アドレスにて確認してください。

●そば実:中国

●米:日本

●しょうが(薬味):日本・中国

●とろろ芋:日本

●生鮮なめこ:日本

●じゃこ:日本

●めかぶ:中国・韓国

●こんぶ:日本

●にしん:アメリカ・カナダ

●わさび:日本

●梅:日本

●あおさのり:日本

(以下省略)

(2019年9月19日現在)

https://www.sagami.co.jp/menu/origins/

そじ坊 ☆☆

グループを統括するグルメ杵屋レストランのブランド全体の原産地が一覧表にまとめられており、非常にわかりやすい。ただし、一つの食材に多数の国名が書かれている場合があり、結局自分の食べているものがどこの国のものなのかがわからない。

●うどん用小麦粉:国産(三重、北海道、埼玉、愛知、香川)

●そばつなぎ用小麦粉:アメリカ、カナダ、オーストラリア、国産(北海道、埼玉、茨城、群馬)

●そば粉:中国、ロシア、アメリカ、カナダ、国産(北海道、長野、秋田)

●米:国産(北海道、青森、秋田、山形、新潟、富山、滋賀、香川、その他)、オーストラリア

●ねぎ:国産、中国

●たまねぎ:国産、中国

●わさび:国産、中国

●だいこん:国産

●にんじん:国産、中国

●なすび:国産

●トマト:国産

●かぼちゃ:国産、ニュージーランド、その他

●ほうれんそう:国産

●春菊:国産

●はくさい:国産

●レタス:国産

●たまご:国産

●だし粉(かつお他):国産(鹿児島、熊本、高知、愛媛、静岡、その他)

●えび:ミャンマー、ベトナム、タイ、その他

●牛肉:アメリカ、カナダ、オーストラリア、国産、その他

●豚肉:スペイン、アメリカ、ブラジル、デンマーク、カナダ、国産、その他

●鶏肉:ブラジル、タイ、国産、その他

(2018年9月改訂)

https://www.gourmet-kineya.co.jp/kodawari/pdf/pdf_gensanchi.pdf

ゆで太郎 ☆

ホームページ上には原産地表示の項目は見られなかったが、フェイスブックにそば粉の原産地について説明されていた。

●そば粉:アメリカ(ワシントン州、ダコタ州など)・中国(内モンゴル自治区)

(2018年11月5日)

名代富士そば

ホームページ上に原産地表示は確認できませんでした。

(2019年9月19日現在)

https://fujisoba.co.jp/food/

小諸そば

ホームページ上に原産地表示は確認できませんでした。

(2019年9月19日現在)

http://www.k-mitsuwa.co.jp/index.html

箱根そば

ホームページ上に原産地表示は確認できませんでした。

(2019年9月19日現在)

https://www.odakyu-restaurant.jp/company/

梅もと

ホームページ上に原産地表示は確認できませんでした。

(2019年9月19日現在)

https://umemoto21.co.jp/index.html

北前そば 高田屋

ホームページ上に原産地表示は確認できませんでした。

(2019年9月19日現在)

https://takada-ya.co.jp/

※各社の原産地表示の一覧には注記が付されており、詳しくは添付アドレスでご確認ください。

※調査は2019年9月19日現在のものであり、正確な情報は最新のものをご確認ください。

※人気ブログランキングに参加しています。なるほどと思った方は、こちらのバナーを押してやってください。

食生活・食育ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください